先日、チョウを見つけました。

先日早朝、散歩がてら前の畑を歩いていると見かけないチョウが葉っぱに留まっているのを見つけました。チョウについて多少の知識はあったので、まさかとは思いながら念のため持ち合わせたスマホで撮影。後で見ると、残念ながらピントがずれていましたがほぼ間違いなくあのチョウでした。あまりにも残念なので、もしかしたらと思いながら翌朝はカメラ片手に注意深く探しながら歩いてみましたが、それっきりで見かけることはできませんでした。
そういえば、昨年晩秋、近くで初めてイシガキチョウ(イシガケチョウという呼び名が一般的のようですが、ちんころはイシガキのほうが好きです)を見かけました。このチョウは昔は国内でも南方系のチョウだったと思いますが、気候変動のせいでしょうか、調べてみるとだんだんと棲息範囲を北に拡げているとのこと。残念!この時は写真を撮る間もありませんでした。
以前にも書きましたが、考えてみると鷲峯の周りも昔とは環境がずいぶん変わりました。鳥のサギ、カモ、鵜、イソヒヨドリや魚のオイカワなども昔はこの辺りでは見たこともありませんでしたが、いつの間にか見かけるようになりました。ゴム草履で走りまわしていた河原も葦に覆われ、今どきの子供たちにとってはヤブ漕ぎ状態の河原が当たり前の風景になってしまいました(昔のような石が転がっている河原は想像もできないでしょう)。
少々話がずれてしまいました。何が自然なのか悩ましいところですが、また今回のチョウのように新しい私的発見を楽しみに自然を見守っていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする